ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

円形脱毛症について

2月 7th, 2013

よく現代社会は、ストレス社会だと言われています。
確かに、全くストレスのない状態で、日常生活を送ることができている人は少ないと思われます。
しかしストレスを過剰にためた状態で、日々を過ごしていると、いろいろと体に悪影響をもたらす可能性がありますので、注意も必要です。
ストレスによって起きると考えられる症状には、いろいろとあります。

その中の一つに、円形脱毛症と言う薄毛の問題があります。
円形脱毛症とは、頭部などの毛髪が、一部集中してなくなってしまうことがあります。
症状がひどくなってくると、すべての髪の毛が失われてしまったり、体毛がなくなってしまったりすることもあると言われています。
参考:円形脱毛症百科

円形脱毛症が起きるメカニズムですが、免疫が関係していると言われています。
リンパ球の一種が毛根を破壊してしまうことによって、脱毛症を発症すると考えられています。
割合で言うと、全人口の0.1%の確率で罹患すると言われています。
ちなみに薄毛は男性の方に現れやすいですが、円形脱毛症については、男女の関係はありません。
またあらゆる年齢で起きる可能性があって、10代で発症してしまうケースも多く見られます。

この円形脱毛症ですが、まだはっきりとした原因が解明されているわけではありません。
その中の一つにストレスが関係しているのではないかと、指摘されているわけです。
しかしストレスは、円形脱毛症の誘因となっている可能性はありますが、直接的な主要な原因とは考えられていないようです。
と言うのも、新生児の中でも円形脱毛症を引き起こしているケースがあると言われています。

新生児の場合、ストレスを受けるような状況に陥ることは、少ないと言われています。
また一卵性双生児で円形脱毛症を発症すると、5割の確率でもう一方も発症しています。
そこで、遺伝的な要因が働いて、引き起こされているのではないかと考える向きもあります。

円形脱毛症ですが、予兆なくいきなり発症してしまいます。
ですから、非常に実際に発症すると、心配になってしまうこともあるかもしれません。
しかし一般的には、一時的な症状で治まると言われています。

半年くらい発症してから時間が経過すれば、症状は治まってくると言われています。

しかし中には、症状が進行するケースもまれではありますがあります。
頭髪以外にも、まゆ毛やまつ毛と言ったすべての体毛が抜けてしまう所にまで、症状が進行するケースもあると言われています。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。