ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

慢性疲労症候群について

7月 15th, 2013

慢性疲労症候群という症状が出てきてしまうこともあります。
主な症状は、全身に疲労感を倦怠感というものが出てきます。

特徴としては、通常の疲れと違って眠ったり食事をしたりといったことだけでは改善することができにくく、長く休んだのに体がスッキリせずに疲れた感じがいつまでも取れないというようなことです。
かといって何かはっきりした病気症状があるというわけではなく、精密検査をしてみても不調のもとになっているものをはっきり見つけることができません。
そのため本人のやる気や気合が足りないというふうに勘違いをされてしまうこともあります。
本人も疲労感を解消することができないことから強い落ち込みを感じてしまうこともあります。
それがまた新しいストレスとなってしまうこともあり、さらに症状が進むと家から出れなくなってしまったり仕事だけでなく家事や日常生活にもやる気を無くしてしまったりということが起こります。

この症状の最も大きな原因は、過剰なストレスによる免疫の低下と言われています。
過剰なストレスが体に与える悪影響はさまざまにありますが、最も多いのが全身をめぐる血液やリンパ液の循環を悪くなっていくのです。
悪くなること、病気のもとになるような細菌類が入ってきたときにうまく追い出していくことができなくなるのです。
健康な状態のときでも疲れがたまったときには風邪を引きやすくなるものですが、慢性疲労症候群とはそんな危険な状態が長く続くことでより重い病気を招きやすくなってしまいます。

慢性疲労症候群で病気になったときによく見られる特徴としては、風邪などの病気症状が回復しても完全に元気になるというわけではなく、いつまでも咳や鼻水が止まらずに続くといったことがあります。
この疾患を治すためには、ストレス解消をしながら根本的な治療をしていかなければいけません。

根本的な治療のためには、慢性的なストレスを解消させるということが大前提となっています。
それに付随して、血液の流れやホルモンバランスを整える多面的な処置をしていくことになります。
薬品などを使えば一時的に症状を改善することはできますが、それではいつまでも常に不健康な状態に続いてしまいます。
ストレスを解消できないことは深刻な病気を引き寄せるもとになってしまうので、早めに対処をしていくようにしましょう。
ためすぎないコツとしては、日常的にストレスを受けていることを自覚することです。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。