ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

性欲を持つことのすすめ

12月 27th, 2016

性欲は、生きる上で必要不可欠な欲求だといわれます。いわゆる食欲・睡眠欲と並ぶ三大欲求の一つですが、下半身の話ゆえ、公の場で堂々と議論する機会はめったにありません。しかし、子孫を残すためには、この性欲なしには成立しない話でもあります、

 

人間は動物と違い、「考える葦」ともいうべき社会的動物のため、好きなときに、好きな場所で異性と交じり合うなんてことはできません。好きな人が出来たとしても、相思相愛でなければ欲望は満たされず、ストレスは溜まるでしょう。

 

恋をして、性欲を持つことは正常であり、人間の証です。セックスに関心を持たず、あるべき性欲を隠して日々を過ごしていれば、見えないところでストレスを抱えてしまいます。

 

いつまでも男らしく、女らしくありたいのなら、性と正面から向き合い、セックスしないことで生まれるストレスを排除する努力が求められます。

 

◆性欲から遠ざかると、性機能が低下する

更年期の中高年に限らず、セックスが煩わしいと考える若者すらいます。他者との交流を避けて1人で行動する人たちが増えているせいで、肌と肌が触れあうセックスという交流は、ある意味ストレスのもとになるのかもしれません。

 

しかし、セックスから遠ざかる生活を送れば、自ずとホルモンの減少が促され、性機能が低下します。ある日好きな人が出来て結ばれ、いざベッドインとなったとき、肝心のペニスが勃起しなかったら、これほど恥ずかしい場面はないでしょう。

 

若者でもEDで悩む人は増えています。セックスに興味がない時期はそれで悩むことはないかもしれませんが、もし恋に落ちて、あふれんばかりの感情で「彼女を抱きたい」と思っても、その前に勃起不全となったら最悪です。

 

こうした緊急事態のためにバイアグラという勃起薬があるのですが、注意して欲しいのは、安いからといってネット購入で安易に入手することはお勧めできません。効果のあるバイアグラを安全に確保するには、医師のいる医療機関で手に入れることが大事です。

 

◆セックスはストレスを解放する

セックスはストレス解消にも効果のある方法です。セックスをする時、脳内にはベータエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されます。この物質には、快楽や快感、満足感を脳に与える働きを持っています。

 

このエンドルフィンをセックスによって呼び覚ますことで、ストレスが緩和し、全体的に幸福感に浸れます。ストレスに悩まされている人ほど、セックスで快感を覚えることが期待されます。

 

セックスは別に恥ずかしいことではありません。誰しも、この行為から生まれ、人間生活の営みがあります。ストレス撃退方法として、老若男女問わず、セックスする機会を作りましょう。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。