ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

恋をすることはとても大切です

10月 2nd, 2015

恋人を作るのは簡単なことではありません。しかし、恋人ができれば自分の心の中に余裕ができたり、人とのコミュニケーション不足にも悩まずに済むかもしれません。

 

◆恋人を探してみましょう

恋人と言っても誰でもいいわけではありません。自分に合っているか、自分の好みかなど恋人選びにはいくつものポイントがあります。

 

まずは恋のきっかけを作ることが必要です。何もない所からでは出会いも恋も生まれません。積極的に異性と出会いたい場合には独身の異性が多く集まる場所に足を運んでみましょう。

 

外に出かけてみることが大切です。休みの日にはちょっとした時間でもなるべく外に出て、人や異性との接点を多く持ちましょう。自分の趣味に合わせて外出するのもいいですし、今まで自分が気にならなかった場所へ、あえて出かけてみるのも新しい発見や出会いがあるかもしれません。

 

無理矢理にでも接点を作ってみるのもありです。ただし注意も必要なので気を付けて下さい。ほんの少しのことで構いません。出会った女性や近くの女性に対して接点となる仕事のことや趣味のことなどを聞いてみるのです。聞きたいことが思いつかない場合には当たり障りのないこと、例えば天気ことや最近のニュースで取り上げられている話題などでも構いません。

 

◆気になる異性との接し方

気になる異性ができたのであれば、その女性へ最大限アピールすることが大切です。他愛のないことを相談したり、相手の好みを聞き出してそれに応えたりすることができれば可能性が見えてきます。

 

◆恋人、パートナーとのスキンシップ

ここまでの過程をたどって、仮に恋人ができたとしましょう。ストレスを解消するにはその恋人、パートナーとのスキンシップを図ることで解消されるのです。

 

ストレスが溜まっているときにはパートナーの手を握ってみましょう。アメリカの研究ではパートナーの手を握ることでストレスが解消できるという結果が出ているそうです。それをきっかけに愛情がより深まる可能性もあります。

 

一緒に眠るとよりストレス解消の効果が得られます。パートナーと一緒に眠ることで安心感とともに、オキシトシンという幸せを感じるホルモンが多く分泌されます。また、一緒に眠るだけではなくセックスをするとより高い効果が得られます。

 

セックスをした後には副交感神経がよくなり、眠りやすくなる傾向がありますので不眠の方にも有効です。しかしセックスをする際にEDだったり、なかなか元気にならないようではよりストレスが溜まってしまいますので、そんな心配のある方はあらかじめバイアグラなどを活用するようにしましょう。

 

 

恋人を作ることはストレスに対してプラス効果を多くもたらしてくれます。気の合ったパートナーと過ごす時間はかけがえのない時間となり、それが自分の心と体をリラックスさせてくれることでしょう。

 

ただし、自分に合わないパートナーだと喧嘩をしたり相手に振り回されたりとよりストレスが溜まってしまいますので、しっかりパートナーを選ぶことが大切です。自分に合ったパートナーを見つけて、幸せな時間を作ってみましょう。こうした行動が、ストレスからの解放となるだけでなく、新たな人生の喜びになるかもしれません。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。