ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

他人をほめる生き方

7月 30th, 2014

世の中を軽く生きていくためには、自分の周りの環境も変えることが大切です。常に社会とかかわって生きているわけですので、周りからも大きな影響を受けています。そして、自分の感情は何らかの形で、周囲の人たちにも伝わります。不機嫌でいれば、隣の人も向かいの人も、奥さんもお子さんも不機嫌になります。朗らかに生きていれば、周囲の人たちも朗らかになるでしょう。

 

逆に、明るい環境にいると自分自身も明るくなることができます。前向きな人たちと付き合っていれば、自分も前向きになるものです。人間は互いに影響しあって生きていますので、自分のストレスを低下させ、軽くのびやかに生きていくためには、周囲ものびやかにしていくことが重要になるのです。そのためのひとつの方法として、「他人をほめる」のが効果的です。

 

<まずは他人をほめてみましょう>

会社の同僚や恋人、友達、配偶者、子供など自分の周りにいる人たちをほめる努力をしてみましょう。無理矢理お世辞を言うということではありません。人のいいところを見つけ出して指摘してあげるということです。それが、自分の環境を少し明るくするためのもっとも簡単な方法です。

 

人からほめられて嬉しくない人はいません。明らかなおべっかなら別ですが、本心から語られたほめ言葉であれば、必ず嬉しく感ずるはずです。人は本質的に承認欲求をもっていますので、他人から認められれば心理的に高まります。精神的に高い満足を得られるのです。

 

他人をほめることには自分自身にとってもプラスの効果があります。人の悪いところはいくら見つけ出しても、心は豊かにはなりません。人間関係が発展しないため面白くはならないのです。ネガティブな情報をどんどん取り入れてしまうと、自分自身がますますネガティブになり、ストレスは増すばかりとなります。人をほめるとその逆となり、どんどんポジティブさが増していくのです。

 

<ほめることが習慣になれば、自分が笑顔になれる>

他人のいいところを積極的に探す姿勢を持てると、ポジティブ情報ばかりが入ってくるようになり、人といることが楽しくなります。人間関係が明るくなり、気分が高揚します。コミュニケーションにおいて一番大切なことは、「相手の長所を探すこと」です。人の良さを見つけられれば相手のことを好きになれますし、相手からも好かれて人間関係にストレスが亡くなります。

 

自分の周りの環境が笑顔で過ごせるチームとなり、何をやっても楽しくなりますし、仕事上の仲間であれば良い仕事ができるようになります。家族であれば、とても仲の良い家庭をつくりあげることができます。

 

 

 

自分が明るく楽しく、ストレスフリーに生きていくためには、周りの環境も明るく変えていかなければなりません。そのためには、他人の長所を探す習慣をみにつけてほめることが大切です。他人を幸せにする努力をすることが、自分を幸せにすることにつながるのです。積極的にほめる意識を持ちましょう。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。