ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

ゆっくり話す生き方

6月 30th, 2014

時代劇を観ていればわかりますが、昔の人はとてもゆっくりとした話し方をしていました。とくに、貴族の話し方はゆったりまったりとしていますが、昔の日本人はのんびりと話していたのです。今でも農村地帯の人々の会話はゆっくりと進みます。話すスピードは精神的な安定度とも関係があるのです。自然豊かな環境で過ごしている人たちと、都会生活をしている人たちでは、会話の速度が明らかに異なります。そして、速さとストレスの大きさとの間には関係があります。ストレスをためない生き方をするために、できるかぎり、ゆっくりと話すようにしてみましょう。

 

<ゆっくり話す人は、性格がおっとりしているように見える>

テレビなどで、天皇陛下や皇太子がお話をされるのを観ていると、とてもゆったりと話されます。その話し方だけで、高貴さが伝わるほどです。逆に、政治家が国会で答弁するときなど、特に質問側はとても早口です。時間制限があるという背景もあるのかも知れませんが、早口はとても攻撃的な印象につながります。

 

人がケンカをしているときとか、誰かを責めているときには、とても早口になるものです。精神の高ぶりと会話スピードとの間に相関があるのでしょう。それゆえ人と会話する時には、ゆったりと話せば外見的には性格がおっとりしているように見え印象も良くなります。スローな会話は人にストレスを与えず、ソフトな雰囲気を演出します。相手をリラックスさせ、自分の考えをより正確に伝えることにもなります。

 

自分自身が周囲に与える印象をやわらげる上では、ゆっくりと話すのが得策です。自分がペースを落とせば相手も落としますので、自分も相手からやわらげてもらえることにつながります。ゆっくりとした会話は、ストレス緩和になるのです。

 

<早口は酸欠になる>

早口でまくし立てると思考能力が低下していきます。呼吸が十分に行われないため酸欠状態におちいるからです。口論が激しくなると、「一息入れよう」ということになる場合がありますが、とても効果的なことです。酸素を取り入れることで、冷静になることができ会話が前向きな方向に進むからです。ゆったりとしたスピードで会話をしていれば、酸欠になることもなく、興奮もせずストレスを抱えないで話をすることができます。

 

人はウソをつくときには早口になりがちです。ウソをごまかそうという心理が気持ちをあせらせて緊張状態になるため、早い口調になるようです。そのため、早く話す人の話はウソっぽく聞こえてしまいます。つまり、早口だと人から信頼を得にくいのです。それもまた、ストレスの原因となり得ます。互いに信頼感をもって話をするためには、心を落ち着けてゆっくりと話すと良いのです。

 

 

人と会話をするときには、ゆっくりと話すように心がけてみましょう。話す速度を落とすだけで、相手に与えるストレスを小さくし、内容が伝わりやすくなります。また、自分のストレスも軽減して、楽に話ができるようになります。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。