ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

環境の変化によるストレス

6月 17th, 2013

人は環境が大きく変わったときに、大きなストレスを感じてしまうようです。
それは本人の意思の持ち方に関わらず、否応なく体と心にダメージを与えます。
ストレス耐性の強さはその人の体質やそれまでの経験によって変わってきますが、まずは環境の変化が起きたときに備えて「ストレスが来るぞ」という意識を持っておくことが最初の防御方法となります。

身近な例で説明をすると、赤ちゃんはお母さんのお腹から出てきたばかりのときには、非常に強いストレスを受けているといいます。
これはそれまで快適な状況にあった胎内という環境から、外部の音や光などを直接感じることになる世界に出てきたという非常に大きな環境の変化にさらされてしまうためです。
生まれたばかりの赤ちゃんに対してできるだけスキンシップをしてあげるということは、赤ちゃんのストレスを軽減しその後の成長に大きく影響を与えることになります。
この生まれたばかりのときのストレス軽減をどのようにしてあげられるかは、子育においてかなり重要な意味を持っていきます。

これと同じようなことは大人になってからも何度も起こります。
よくある例としては、進学や就職でそれまで一緒に住んでいた家族と離れて全く新しい住居環境や人間関係の中で生活をしていかなくてはならないときなどです。
多くの人が初めてこれを経験するのは、おそらく高校を卒業して進学または就職をしたときではないかと思います。
それまでと全く違う環境にたった一人で立ち向かっていかなくなったときというのは、赤ちゃんが初めてこの世に出てきたときと同じような環境であると言えます。
そこでうまくストレス解消をできる方法を見つけられればよいのですが、誤った方法で気持ちを和らげてしまったり、また反対に押さえつけて我慢を重ねてしまったりすると、その後の健康状態に深刻な影響を与えるストレスに発展してしまいます。
もし環境の変化によって体調面に不安を覚えるようなら、あまり症状を軽く見ず、早めに医師の診断を受けたりカウンセリングなど適切な対応ができる機関に行ってみるようにしてください。

また一人暮らしを始めたばかりのときというのは、生活のリズムをうまくつかめず一日の睡眠や食事のリズムが崩れてしまいがちです。
一度崩れたリズムは取り返すのが難しく、放置しておくと正しい社会生活を送れなくなってしまったりもします。
まずはストレス対処を念頭におきつつ、環境に自分の心と体をうまく慣らしていきましょう。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。