ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

1人暮らしが抱えるストレス

5月 29th, 2016

ストレスの原因で、最も多いといわれるのが、人間関係。接する相手は自分とは違う人間ですから、衝突や摩擦が起きて当たり前、それによって心の中でイライラしたり、上手くいかずにもやもやしたり、負の感情を抱え込んでしまいます。

 

それでは、誰とも接することなく一人でいればストレスはないのかといえば、そうでもありません。確かに、誰かと一緒にいるより、一人のほうが気楽で好きなことを好きなだけできそうに見えて、ストレスとは無縁なような気がしますが、一人は一人でいろいろ悩みもあるのです。

 

家族を持たず、一人で暮らしている人も多いことでしょう。独り身の気楽とよくいいますが、一人暮らしにも、悩みや不安、思い通りにいかない生活でストレスを抱えることだってあるでしょう。一人暮らし特有のストレスについて考えてみます。

 

◆一人だと、いつでも相談できる相手がいない

仕事や学校が終わって、家に帰り、玄関を開けて「ただいま」といっても、何も返ってこない。真っ暗な部屋の明かりを付けて食事の準備をしたり、風呂を沸かしたりするのが、一人暮らしの帰宅後やるパターンです。誰かしら家で帰りを待ってくれている家庭を持つ人から見れば、ちょっと寂しく映るかもしれませんね。

 

職場の人間関係に疲れて、ストレスを抱え込んでいる人は、一人になれば気が楽になるのかといえば、必ずしもそうではないでしょう。憂さ晴らしにその不満や愚痴を誰かにぶつけたくても、一人ではどうにもならない。友達や恋人といつでも会えるならともかく、家に帰れば一人だけの生活では、職場でのストレスは発散されず家に持ち越しという形になります。

 

また、一人暮らしをしていて、上手くいかない生活を送っていると、よからぬことばかり考えてしまいがちです。すぐ近くに「そんなことないよ」「大丈夫だよ」と励ましてくれる家族や友人、恋人の存在がなければ、孤独感に押しつぶされてしまうでしょう。「1人は気楽だからいい」というだけではないのです。

 

◆一人暮らしのストレス発散法

孤独になりがちな一人暮らしですが、一人でもストレスを発散させる方法はあります。世の中の娯楽には、意外と一人で楽しめるものがたくさん存在します。

 

・一人カラオケ

昔は団体で行ってみんなで盛り上がるカラオケも、今では一人で楽しむ人も珍しくはありません。一人だと、順番も気にせず気兼ねなく好きな歌を好きなだけ歌えます。大きな声を出したり、歌を歌ったりすることはストレス発散になるので、ぜひ一度試してみてください。

 

・一人焼き肉

一人で焼き肉を食べにいく人も、珍しくありません。お店によっては看板に、「お一人様OK」と親切に書いているところもあります。食べ過ぎはもちろんいけませんが、月に一度くらいは、好きなものを好きなだけ食べて溜まりすぎたストレスを発散することも大事でしょう。

 

1人だからと悩まず、いろいろ行動してみれば、新しい世界が開けてくるかもしれません。その先に、素敵な出会いも待ってるかもしれませんよ。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。