ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

仕事における人間関係のストレス

12月 14th, 2013

職場におけるストレスは、精神に悪影響をおよぼすストレスの代表のように扱われていますが、その具体的な内容についてはあまりつきつめて考えているような人は少ない気がします。
年配世代の管理職の人の意見を見ると、「最近の若手は根性が足りない(=ストレス耐性がない)」「仕事のプレッシャーくらいはねのけなくてどうする」といったことを言っている人もいるようですが、はっきりいってそれは大きな誤解です。
中には働くということそのものがストレスで、仕事をすることだけでストレスを感じるようなタイプの人もいるかもしれませんが、この就職難の時代において正規採用を勝ち取ることのできるような人材は、ほとんどが大変成績もよくまじめで一生懸命な性格の若者です。
それがなぜ社会人になってすぐにストレスに心を折られて退職という道を選んでしまうかということですが、答えは会社のシステムやそれを管理する上司に問題があることがほとんどなのです。

例えば、入社数年くらいの若い世代のサラリーマンを対象にアンケートをしてみると、職場のストレスとして挙げられている具体的な例として、「言うことがすぐに変わる上司」や、「ムダな会話や書類が多すぎる」「職場に意味のない慣習が多い」といったことが挙げられます。
年配世代にしてみれば、ずっとそこにいるわけですからそうするのはしごく当たり前のことで、むしろ環境に適応できない人間の方がおかしいかのような認識になりますが、厳しい就職戦線を勝ち抜いてきた人材はそうは思いません。
受験生時代から学生時代、そして就職活動と厳しい競争を勝ち抜いていくためには、より効率的に、時間をムダにしないやり方を自分なりに修得しながら生きてきたのです。
そこでいきなり「余計なことをするな」「若手は言われたことだけやってればいい」というような飛行率かつ理不尽な方法を押し付けられるとなると、そこで絶望的にやる気を失ってしまいます。

また、大会社になるほど管理職の方は過去の自分のやり方や会社全体の慣例こそが正しいという思い込みのもと業務を遂行させるような指示をするため、「どうせ何をやっても否定される」「意見を聞くようにしているのはポーズだけ」という諦めをすぐに覚えさせてしまうことになります。
若い世代で特に頭のよい人ほど、その将来性のなさを早くに見抜いて仕事を辞めるという選択をするということです。
一方で、ストレス耐性のある我慢強いタイプの人はそんな職場に残り続け、次第に感情のない人へとなっていってしまうのです。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。