ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

プレッシャーからのストレス

2月 7th, 2013

よく人によって、プレッシャーに“強い”とか、“弱い”と言った表現が使われることがあるかと思われます。
プレッシャーに対して、どのようなリアクションをするかというのは、確かに人によって違ってきます。

プレッシャーに弱いと言う人は、目の前に現れたプレッシャーに対してストレスを感じてしまう人です。
ストレスを感じてしまうと、どうしても体が緊張をして、こわばってしまう所があります。
体に力みが感じられると、人は十分なパフォーマンスを発揮することができなくなってしまいます。
緊張をしていると、どうしても頭の中がボーっとしてしまう所があります。
その結果、正しい判断をすることができずに、失敗をしてしまうリスクが高くなります。

しかもプレッシャーとストレスと言うのは、相互に影響を及ぼす所があります。
プレッシャーを受けるようなシチュエーションで、結果を出すことができずに失敗してしまったとします。
すると今度はその失敗を引きずってしまって、次に似たようなシチュエーションが来た時に余計にストレスを感じてしまいます。
その結果、失敗を繰り返すと言うパターンが結構あります。
「もう失敗できない」という気持ちも、ストレスを高めてしまう要因です。

就職活動をしていて、なかなか内定をとれない学生も多いと思います。
内定が取れないと言うことは、面接試験をクリアすることができていないと言うことになります。
と言うことは、面接に対して苦手意識を持ってしまいます。

ただでさえ、プレッシャーに感じるようなシチュエーションで、前の失敗体験があれば、ストレスでガチゴチに緊張してしまうのは当然です。

プレッシャーを感じるようなシチュエーションになった時に、強い人と言うのはポジティブに自分がおかれている状況を解釈しようとする所があります。

例えば、面接試験についてですが、明日面接の時に「自分なら、きっとうまくやれる」と思うようにすることです。
そうすることで、前向きに面接に臨むことができるようになります。
ここで「大変そう」とか「どうせ自分なんて…」のような、ネガティブな気持ちになってしまうと、なかなか成功しません。
しかし面接などで失敗ばかりしていると、簡単にポジティブシンキングすることは難しいと言う人もいるでしょう。

そのような人におススメなのが、音楽を聴くと言う行為です。
好きなアーティストの音楽を聴くと励まされて、元気になった経験を持っている人も多いはずです。
その音楽を聴くことで、気持ちをポジティブにもっていくのです。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。