ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

入浴によるストレス解消法

2月 7th, 2013

入浴は毎日している人も多いでしょう。
お風呂に入ることによって、いろいろな健康効果を期待することができます。

入浴は静水圧をかけることにつながっていくのですが、この少し圧迫されている状態が好ましいとされています。
圧迫することによって、心臓の動きを活発にすることができます。
その結果、リンパや血液の流れを良くすることができると言われています。
また温熱効果も期待することができます。
温かいお湯につかることによって、代謝の力をアップすることができます。
疲労物質の排出をスムーズにしたり、老廃物をデトックスしてくれるので、疲労回復効果を期待することができます。

また浮力効果も期待することができます。bath
体が浮くことによって、体重が従来の1/9くらいにまで、減少させる効果があります。
この体が浮くことによって、一種のリラックス効果を期待することができると言われています。
ストレスがたまっていて、趣味もないので、解消法が分からない人もいるでしょう。
そのような人は、お風呂にゆっくりと、何も考えずにつかると言うのが、最も効果的なストレス対処法になるはずです。
ストレス解消のためにお風呂に入るのであれば、少し熱めのお湯につかることをお勧めします。
目安としては、42~43℃くらいのお湯につかるようにしましょう。
そうすると、集中力を高めることができます。
また代謝の力をアップさせることができるので、運動をした後に感じるような、心地の良い疲れを感じられます。
熱めの風呂に浸かると、汗がどっと出てくるので、そうなったらいったんお風呂から出て、休憩を取りましょう。
時間にして2~3分程度の休憩をとれば十分です。
この時に足に水をかけるようにすると、なお効果的と言われています。

入浴をするのは、1日の終わりの夜と言う人が多いかと思われます。
夜に入浴をするのであれば、少しぬるめのお風呂に入浴をすると良いでしょう。

上で紹介した入浴法は、朝出かける前に実践することをお勧めします。
ぬるめのお湯に夜、つかることによって、気持ちをリラックスすることができます。
その結果、眠気が出てきて、ぐっすりと眠ることができるようになるでしょう。
ぬるめのお湯につかる時には、首の下までしっかりとお湯につかるようにはいることです。
そしてのんびりとした気持ちになって、極力何も考えないようにしてつかるのが重要になります。

手軽にできるストレス解消法なので、ストレスがたまっていると感じるのであれば早速実践してみるべきです。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。