ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

早起きしてストレス解消しよう

10月 31st, 2016

心の中で不安や悩み、もやもやした気分を抱えていると、体の動きも重くなって何事も億劫になってしまいますよね。そうなると生活のリズムも乱れ、夜遅くまでテレビを見たりゲームをしたり、朝は出社ギリギリの時間まで寝て朝食も取らず会社へ向かう。そんな生活を続けていたら、ますますストレスは強まるばかりですよね。

 

ストレスの日々で体がだるい、重いとなったら、朝起きるのも大変。しかし、早起きは三文の得ばかりでなく、ストレス解消にも効果があります。明日から30分、15分でも早起きして、新しい活気のある生活を送ってみましょう。

 

◆朝日を浴びることの重要さ

早起きをするメリットはさまざまですが、一つに朝日を浴びるというのがあります。朝目覚めて、カーテンを開けて日光を浴びると、1日の始まりを体で体感できますよね。そればかりでなく、太陽の光を浴びることで、脳内のセロトニンが分泌されます。セロトニンは覚醒ホルモンともよばれ、睡眠から目覚めて1日の活動をはじめるうえでとても大事な物質です。

 

また、セロトニンが分泌されると活気が生まれ、活動的となります。朝起きてまず太陽を浴びることは、セロトニンを分泌させるためにもとても重要といえるでしょう。

 

◆朝食や運動の時間がもてる

朝早く起きることで、時間にゆとりが生まれ、有意義な活動に時間が使えます。例えば、いつもはギリギリまで寝ていたので、朝食も取らずに出社していた、という方は、落ち着いて朝食を食べる習慣が身に付くでしょう。朝食を取れば頭の働きもよくなり、仕事上のミスも減ることが期待できます。無駄なミスが減れば、余計なストレスも抱えずにすむわけです。

 

また、運動をすることもいいでしょう。ラジオ体操やウォーキング、ペットを飼っているところは犬の散歩でもいいでしょう。適度に体を動かすことは、健康にもいいですし、リフレッシュになります。

 

健康的な生活を送ることで、心身が健全となり、ストレスを感じにくい体質と環境を作り出せるのです。ぜひ明日からでもトライしてみてください。

 

◆早起きで、1日全体のリズムを整える

毎日の早起きを心がけるようになれば、自然と夜更かしせず、早い時間に就寝する習慣が付きます。睡眠時間も余裕を持って確保できるので、体の中で細胞の更新がスムーズになされ、健康体を維持できます。

 

また、朝早いことで、昼食後に眠くなることもあるでしょう。そういう場合は、寝るのを我慢せず、昼休みの時間を使って仮眠を取ることをお勧めします。眠い状態のまま仕事を進めるより、10分でも20分でも眠りについて頭の中を一新したほうが、仕事の効率はアップするからです。

 

早起きを軸に、夜の昼の時間を調整して、無駄なく充実した1日を過ごしましょう。その繰り返しが、ストレスを封じ込め、快適な生活を作るのです。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。