ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

食事

2月 7th, 2013

ストレス解消法には、いろいろなものがありますが、食事を活用する方法もあります。
よくストレスを感じるとヤケ食いをする人もいるようですが、もちろんこのような方法をお勧めするわけではありません。

食事がなぜ、ストレス解消に効果があるかと言うと、いろいろな栄養分を摂取することができるからです。

私たちが日々の食生活で摂取している栄養分の中には、ストレス解消に効果の持てる栄養分がいろいろと含まれています。

例えば、ビタミンにはいろいろな健康効果があることは、広く知られているはずです。
その中でも、ストレス解消効果が期待できると言われています。
例えば、ビタミンB1には、精神的ビタミンというニックネームがあるほどです。
ストレスを受けると、どんどんビタミンB1を消費してしまうと言われています。
その結果、イライラや不眠と言った症状が現れると言われています。
またストレスを私たちが受けた場合、副腎皮質ホルモンと言うのは分泌されます。
体の抵抗力を高めるために必要なホルモンなのですが、ビタミンCがどんどん消費されてしまいます。

ストレスが過剰にたまっている人は、ビタミンCもかなり浪費している可能性があります。
ですから、日々の食生活の中で、ビタミンCを取り入れる習慣をつけた方が良いでしょう。

カルシウムは、骨を丈夫にするための栄養素と言うイメージを持つ人も多いかもしれません。
しかし実際にはそのほかにも、神経を鎮静化する効果も期待されている栄養分でもあります。
カルシウムは、不足してしまうとイライラしやすくなってしまったり、不眠症を発症してしまったりする可能性があります。

心の安定剤とも言われているほど、カルシウムはストレスと密接なつながりのある栄養分と言われています。
ストレスを受けた時に、副腎皮質ホルモンと言うものが分泌されて、それに対応しようとすると言う話をしました。

この副腎皮質ホルモンをつくるためには、ビタミンCのほかにも、たんぱく質が必要になります。
たんぱく質が一種の酵素のような役割を担うことになって、副腎皮質ホルモンの合成を進めることになります。

このように、いろいろな栄養分を摂取することによって、多方面からストレス解消効果を引き出すことができるようになります。

ビタミンなどは野菜に含まれていますし、たんぱく質は肉や魚に多く含まれている栄養分でもあります。

つまり、栄養バランスのとれた食事を日々、意識するようにすることが重要なのです。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。