ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

プラス思考で行きましょう

11月 27th, 2015

プラス思考とはあらゆることに対して肯定的に考えることで、積極的思考やポジティブシンキングともいわれます。生きていく中で前向きな考えを持って進んでいくことです。

 

プラス思考と聞くと、どんな状況でも前向きに考えて行動することとよく思われがちですが、その本質は自分の現状を理解し受け入れ肯定することなんです。しょうがなく受け入れるのではなく、今の自分をすべて受け入れて認めることが前向きに考えるための第一歩です。

 

◆注意も必要

プラス思考には気を付けなければならないこともあります。それは体調がよくない時には無理をしない、がむしゃらに前向きに考えなければと思うことはしない、それにマイナス思考を完全否定することはしないことです。

 

ポジティブな姿勢は体のあらゆる部分に影響します。すでに落ち込んでしまっているときなどに、もっと積極的にならなくては、と考えるととてもストレスになってしまいます。まずはしっかりと回復を待ってから実行するようにしましょう。

 

◆マイナス思考との付き合い方

マイナス思考があることは決して悪いことではありません。なぜならそれにより現実をしっかりと判断し冷静に見ることができるからです。プラス思考ばかりを意識し過ぎると周りが見えなくなってしまい、突っ走ってしまう傾向がありますので、少しのマイナス思考により自分にブレーキをかけることができるのです。

 

自分を肯定するというのは、なかなか難しいかもしれませんが大切なポイントをいくつか説明します。

ますは人と自分を比べないことです。比べてしまうことにより劣等感や優越感といった余計な感情が湧いてしまいます。

自分を信じることも大切です。何があっても自分を信じられなければ負の考えにしかたどり着きません。

 

◆プラス思考の効果

プラス思考にはさまざまな効果があります。ストレスを軽減させるだけではなく、体のホルモンバランスを保ち健康を維持することや、心の余裕ができて人を許容することが大きくなります。

 

まず自分のことを大切にすることが必要です。自分を大切にすることができれば自然と人も大切にできるようになるはず。そうすればコミュニケーションがスムーズに取れ、ストレスの軽減へと繋がるのです。

 

プラス思考を習慣づけるためには常に自分が今置かれている状況をしっかりと分析し、理解することが必要です。今の自分にとって必要なこととそうでないことを仕分けして、必要なことを冷静に考えて結論を出すことが大切です。

 

常に成功のイメージを持つことが積極的な自分になるためのポイントのひとつです。何をするにしても必ず成功するイメージを持ってみて下さい。失敗することを考えるのはマイナス思考です。成功のイメージを持つことで体や脳は本能的にプラスの働きをしてくれます。

 

 

プラス思考にはストレスを軽減することだけではなくさまざまなプラス要素があります。必ずしも常に積極的であれ、とは言いませんが、ただ何事もマイナス思考で捉えるよりはプラス思考で考えて行動した方がより結果はよいものになるでしょう。前向きであることにはストレスを軽減するだけでなく、さまざまな良いことを引き寄せます。ぜひ日々の生活の中で思考の改善を行ってみて下さい。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。