ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

睡眠

6月 14th, 2013

ストレス解消法は色々ありますが、最も簡単な方法としては睡眠があります。
ストレスが溜まってくると、徐々に脳が疲れてきます。
その為、脳の働きが鈍くなり、体の疲れも抜けきれなくなってくることもあります。
このようなことを防ぐ為には、脳を休ませる必要がありますので、睡眠を取ると、心身両方の疲れが取れ、ストレス解消に繋がります。

ただし、とにかく寝れば良いというわけではなく、快適な睡眠が必要になります。
快適な睡眠を取るポイントとしては、まず常識にとらわれないことがあります。
「8時間睡眠は身体に良い」という言葉を聞くことも多いのですが、睡眠には個人差があります。
短時間熟睡することで、十分な睡眠を取れる人もいれば、長時間寝ないと睡眠不足になる人もいます。
普段の生活の際は、眠たくなったら寝て、毎朝同じ時間に起き、陽の光を浴びるようにすると良いでしょう。
また、ストレスが過度に溜まっている場合は、翌日がお休みの時に、室内を快適な環境にして、目覚ましを使用せずに、自然と目が覚めるまで眠ることも、ストレス解消に良い方法です。
午後に眠たくなった場合は、昼寝をすることで、気分がスッキリします。
ただし、夕方以降に昼寝をすると、夜眠れなくなる可能性がありますので、午後3時前までに昼寝をすると良いでしょう。
また、長い昼寝をしてしまうと、逆効果になることもありますので、1時間程度にすると良いでしょう。

睡眠でストレス解消しようとしても、なかなか寝付けない人もいます。
寝付けないことで悩んでしまうと、逆にストレスになり、徐々に「寝なきゃいけない」と思うようになり、さらに寝付けなくなるという悪循環になる可能性もあります。
そのような場合は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をしておくと、すぐに寝付けるようになります。
睡眠は、身体と心の疲れを取る為に必要なものですので、身体が適度に疲れていると、簡単に寝付けるようになるのです。

運動をする時間がないという方の場合は、アロマを焚いたり、癒される音楽を聞きながら寝るのも良いでしょう。
アロマも音楽も、それ自体がストレス解消に繋がりますし、さらに快適な睡眠を取ることで、効果的なストレス解消法になります。
手軽に寝付きを良くしたいという場合は、ツボを刺激する方法もあります。
耳の後ろにとがった骨があり、そこから指1本分下に「安眠」というツボがありますし、足の裏のかかとの中央に「失眠」というツボがあり、こちらも寝付きが良くなります。
快適な睡眠が続くと、日々ストレスが解消されるようになりますので、普段から快眠を心がけましょう。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。