ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

まずは自分を好きになることから

12月 28th, 2015

生活している中で自分を見つめ直すことができていますか?ストレスを溜めこまいないようにするには自分のことを好きになってみましょう。自分のいい所もダメな所もしっかりと認識して、欠点も含めて好きになれれば少しずつストレスも減っていきます。

 

人はどうしても他人と自分を比べてしまうものです。自分のダメな所や足りない所を人と比べて嫌悪感に陥ってしまうなんてことはよくあることだと思います。でも、そんなことをするだけ無駄だとは思いませんか?

 

足りない部分も含めて自分という人間なのではないでしょうか。そんな自分を好きになることができれば、人と比べることもなく自分は自分なのだと割り切った考え方を持つことができると思います。

 

■自分のコンプレックスを好きになってみよう

自分のことを好きになるコツはなんだと思いますか?それはまず自分の嫌いなところを好きになることです。先にも書きましたが、これができれば自分をどんどん好きになっていくことができます。

 

自分のことを好きになれない方は必ずしも自分のコンプレックスを気にしていませんか?それが理由でなかなか自分のことを好きになれずにいるのではと思います。

 

コンプレックスというのはひとつのあなたの特徴でもあります。その特徴を好きになるか嫌いになるかで日々の生活は大きく変わってきます。そのコンプレックスという自分の特徴を強みにできれば自分を好きになることができます。

 

■自分が楽しいと思うことをする

自分を好きになるには好きなことをして自分が楽しむことが大切です。自分ことを大事にしてあげることも自分を好きになるために必要なことなのです。

 

ネガティブな思考やマイナスな思考はやめて自分の感情を解放しましょう。今自分が何をしたいのか、どう感じているのかを把握してそれに沿った行動を心がけましょう。

自分の想像以外のことを実行すれば、おのずとストレスにつながってしまうのです。

 

マイナス思考の方は自分に自信がなく、何事にもチャレンジすることが少なくなってしまいます。それでは自分の可能性を潰してしまうことになります。自分に自信を持っていろいろなことに挑戦してみて下さい。新しい自分を見つけることができるかも知れませんよ。

 

■自分の価値は自分が決める

今の世の中はなにかと評価される環境にあります。そのため、難しいことですが自分はすばらしいのだと思い込んで信じてみましょう。自己評価が高ければ自分を好きになれます。

 

他人からどう思われているかやどう見られているかを気にしてばかりではストレスが溜まります。よく思われよう、よく見られるようにしようではなく、自分は自分なんだと思い込み信じることが大切です。

 

自分のことを疑ってしまえばそれなりの結果しか返ってきません。自分の限界を決めてしまっているからです。

 

 

自分を好きになることはそんなに簡単なことではありませんが、まず自分が自分を好きにならなければ周りも好きになってはくれません。自分にどんなコンプレックスがあってもそれを受け入れてひとりの人間として向き合ってみましょう。

 

そうすればちょっとしたことでも幸せを感じられ、ストレスを感じずにより充実した生活を送れるようになるでしょう。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。