ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

ちょっと目線を変えてみる

10月 30th, 2015

ストレスが溜まると気分が憂鬱になったり、体が重くなったりとよいことがありません。自分の目線を変えることでストレスを軽減することができるのです。

 

ストレスは自分で発生させることもありますが、大半は外部からの刺激を受けてそれがストレスになることが多いです。その為、自分の目線を変えることで外部からのストレスになる刺激を減らす工夫が必要になります。

 

例えば、人と接する場合などに自分に対しての嫌な行動や好まない行動をされたときに人はストレスを感じやすくなっています。人の行動などはあまり気にせずに過ごしてみましょう。

 

■目線を上げてみましょう。

下を向いてばかりいると気分も落ち込んでしまいますので、上を向いて堂々としましょう。さらに姿勢にも注意すれば体に負担がかからず、よりストレスを軽減することができます。

 

目線を上げることで意識的にもポジティブな思考になりやすく、心の部分からプラスになれます。いつもは下を向いてしまっている人も、少しでも目線を上げる意識を持って普段の生活を過ごしてみて下さい。

 

目線を上げることでさまざまなものが見えてきます。それによりストレスとなる刺激もありますが、視界が開けることにより五感が刺激され脳が活性化することもあります。場所と状況によってうまく使い分けましょう。

 

■人の目線を気にしない

誰でも周りの目が気になるということがあると思います。しかし、周りの目ばかり気にしていては自分らしさがなく、ストレスの原因となります。

 

自分は自分と割り切った考えを持つことができれば、人の目線が気にならなくなります。人からの目線を気にしなくなれば意識的な行動を取らずに済むため、自然にストレスが軽減されていきます。

 

また、自分が人を見る目線を変えてみることも大切です。それぞれの人をはじめに分析し、この人はこういう人なのだと割り切った目線で見られれば、自分の意に反した行動を取られた際にも自分の中で納得ができるのです。

 

目の動きと脳の働きには密接な関係があると言われています。目の神経が脳に近いことから脳への影響が大きくなるそうです。脳は感覚を活用してさまざまな情報を処理していますが、目を動かさないでいると視覚的な情報の処理や受け取りがうまくいかなくなります。

 

この期間が長くなればなるほど、反応が鈍くなったり周囲の変化に気づけなかったりとよくないことが多くなります。そうならないように目線を上げて目を動かし、さまざまな刺激を受け入れて脳を活性化してみましょう。

 

脳が活性化することにより、ストレスへの耐性も上がり普段のストレスの軽減にも繋がります。

 

人は自分の好まないことが目の前にあるとどうしても目を背けてしまう傾向にあります。それらを回避することも重要なことです。しかし下を向いてばかりいても脳が活性化されず気持ちが滅入ってしまうでしょう。

 

目線を上げて日々の生活を楽しんでみましょう。ストレスを解消する前にまずは溜めこまない、軽減することが大切です。ちょっと意識を変えるだけで簡単にできることなので、ぜひ試してみて下さい。

 

普段は気づかないことや見えていなかったものが新鮮に感じ、心も新鮮になれるかもしれません。楽しい気持ちで毎日を過ごして行きましょう。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。