ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

他人の視線を気にしすぎてはいませんか?

2月 24th, 2016

職場などどこでも人との付き合いが存在します。そんな時にこれから紹介する思考術を実行できれば大きくストレスを溜めることなく過ごすことができると思います。

 

◆すべての人をただの他人だと思う

どのような場所であっても、関わるすべての人をその場でしか関わらないただの他人だと思い込むのです。無駄に感情移入をしてしまうことからその人の行動や思考を気にしてストレスになってしまうことが多いでしょう。

 

誰でもあらゆる人と密接に関係を保ち、円滑に関係を構築できればなんの問題もありませんがそうも行かないのが現実です。お互いに通じ合える人もいればまったく理解できない人がいると思います。そのため、その場で関わる全ての人を他人だと思い込むことによってその人が何をしていても気にならない、自分には関係ないと分別することができます。

 

一見、冷たいようにも感じられますがそんなことはありません。自分にとって大切なのは、無駄なストレスを溜めないことや本当に大切な人に時間をかけることですので、優先順位をつけて割り切ることも大事なんです。

 

自分に対して何か思われていても全然気にならなくなります。自分がやるべきことだけをしていれば何の問題もないんです。誰に何を言われても気にしない思考を持つことができれば何事にもストレスを感じなくなります。

 

誰にでも好かれたいと思う方もいますが、現実的に無理なことだと思います。なぜなら人は千差万別、あらゆる思考の人が存在します。すべての人に好かれるにはそのすべての人の思考に理解を示し、同調することができなくてはなりません。

 

そんな難しいことをするのではなく、逆にまったく関わらない関係を作ってしまった方が断然気が楽になります。自然と相手も自分のことを気にしなくなり、必要最低限の関係ができあがっていきます。

 

無駄にコミュニケーションを取ろうとすることも必要なくなりますので、時間を有効に活用することもできます。

 

◆自分は自分、人と自分を比べない

世の中にはさまざまな人がいて、誰も同じ人はいません。比べたところで同じになることもありません。人は人、自分は自分という思考を持つようにしましょう。

 

人と自分を比べてみると、必ず自分の劣っている点が見えてしまいます。優れている点もあるかもしれませんが、それは一時の優越感でしかなく劣っている点に対する感情の方が強く残ります。楽しいことは一瞬、辛いことは一生というように人はどうしても負の感情の方が強く記憶に残る傾向があります。

 

なので、自分はこういう人間なんだと理解しそれをどうしていくかを考えていた方がずっと気が楽ですし、有効だと思います。職場などではどうしても他の人と比べられることがあると思いますが、それは他人が決めていることであって自分が思うことではありませんのでまったく気にする必要はありません。

 

 

今回紹介した思考術は本当に極端な話です。ですが人を気にしてしまいストレスを溜めこんでしまう方にはとってもおススメしたい方法です。

 

誰のことも気にせず自分のペースで何事も行うこと。これができれば大幅なストレス削減になると思います。ちょっとしたことがあった時など、どうせ他人だしと考えてみて下さい。本当に気が楽になりますよ。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。