ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

心配性はいいことがありません

2月 1st, 2016

心配性な方は何をしていても先のことやあらゆることが気になってしまい、よく頭の中が真っ白になってしまいます。それが大きなストレス源になっていることも多いのですが、心理的には先のことを考えて不安になってしまうより、今の状況に集中して過ごすストレスの軽減になります。

 

◆心配性な方の性格

いつも先のことに対して「こうなってしまったらどうしよう」「こうなったら嫌だな」というマイナスな思考が働いてしまっているのが心配性。それが不安や恐怖となり実際には起きていないことに対しての大きなストレスになってしまいます。

 

心配性の方は逆に言えば冷静で物事の先を読んで行動できるというプラスに捉えられる部分もありますが、大概はマイナスの思考のみで先を見ているため、大きなプラスにはならずマイナスの部分の方が大きくなります。

 

今はさほどでない方も、心配性になってしまう事があります。細かいことに気づきやすく、何をするにも考えて行う人が比較的に心配性になりやすい傾向があります。

 

◆心配性の方は病気にも注意

心配性の方はそうでない方に比べて病気になりやすい傾向があります。アメリカでは心臓病になりやすいという報告もあり、胃潰瘍や偏頭痛を引き起こす原因となります。

 

不安で常に心がいっぱいの状態になり、不規則な食生活や暴飲暴食、睡眠時間が確保できないなどで過剰なストレスを抱え、体にさまざまな異常を引き起こしてしまいます。

 

また、男性の場合には心配性がすべてではありませんが、心因性のEDという症状に悩まされる方も少なくありません。女性とのコミュニケーションの最中に「うまくいかなかったらどうしよう・・・」といった不安・緊張が、下半身に悪影響を及ぼすのです。

 

この場合、解決策としてはそもそも気を楽にすることも大切ですが、バイアグラなどのお薬に頼るのもひとつの方法です。最近では男性専門のクリニックなどがありますので、手軽に手に入れられるとのこと。心配な方はあらかじめ処方してもらっておいても良いでしょう。また、カウンセリングを受けることで、他にも同じ悩みに苦しんでいる男性がたくさんいることを認識出来る、それも診断を受けることのメリットです。

 

◆心配性のメカニズムとは

どんなことにも不安を感じやすい人は「認知バイアス」が強いことが多いそうです。「バイアス」とは情報を処理することが偏っていることを言い、「認知バイアス」は不安や恐怖などのマイナスの思考に偏ってしまう「注意バイアス」と言われるものがあります。また、どちらにも取れる内容をマイナスのイメージへ偏ってしまう「解釈バイアス」などもあります。

 

一度大きな恐怖や不安を経験してしまっていると、その思考が残ってしまいまた同じ事が起きてしまうのではという心配が発生し、悪循環になってしまいます。

 

◆心配性の改善方法は?

心配性の方はマイナスの思考になった際に陥りやすいので、日頃からポジティブな考えを持ち、プラスになることをイメージすることが大切です。他にも普段から笑うことを心がけて、今置かれている状況を無理に深刻に考えないようにすることです。

 

カフェインの摂取量が多い場合にも心配性の原因となります。1日の摂取量が300ミリグラムを超えると摂取していない場合に比べて不安になりやすいそうです。

 

心配性を改善するには前向きでポジティブな考え方が必要になります。無駄に先のことを考えずに今ある状況に集中して過ごすことで改善されるでしょう。

無理にあれこれ気にし過ぎてしまわずに気楽に考えて、すでに心配性でストレスが溜まりやすい人も徐々に自分の性格をポジティブなものに修正していくようにしましょう。

 

心配性をなくせば大幅にストレスを軽減することができます。今の自分の状態を見直して限りある時間を大切に過ごして下さい。くれぐれも、無駄な心配はしないようにして下さいね。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。