ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。

いちばん大切なのは、もちろんあなた

4月 26th, 2017

人間だれしも自分がいちばん大事だと思っています。もちろん、それが強くなりすぎると利己的なひととレッテルを貼られてしまうのですが・・・。ところが今は、自分をあまり大切にしていない、もっと言うと自分を自分で傷つけている人がたくさんいるようです。それは自殺者の数が年々増えていることからもわかります。これはいったい、どうしたことなのでしょうか?

 

〇〇のため、が自分をないがしろにしていく

年齢や人とのつながりが増えていくにつれて、「〇〇のため」も増えていきます。仕事のため、上司のため、妻のため、子どものため・・・。どれも大切なことですが、それを一番にしたらあなたはどう感じますか?なにか息苦しさを感じませんか?この〇〇のため、が進行していくと、ついには自分のゆとりがなくなります。そうすると、ちょっとしたストレスでもすぐに追い詰められてしまいます。逃げ場がないからです。そうすると大切にしようと思っていたものも守れなくなってしまいます。

 

特に世帯持ちの男性の場合は、妻に向けていろいろな気遣いをしていることでしょう。そのせいでストレスが溜まり、体調不良やEDなどの症状に陥ることも少なくありません。妻のためにと思ってした行動のせいで、働けなくなり夜の営みも難しくなるのであれば意味がありません。ED はバイアグラなどの治療薬で回復可能ですが、一度ひびの入った夫婦の関係は関係修復に時間がかかります。

 

世界の中心は、自分から

追い詰められてしまう前に、まずは自分を大切にしましょう。それにはどうしたらいいのでしょうか?なにかことが起こったときに自分が一番楽になる道を選びましょう。上司のこと、妻のこと、子どものことは後で大丈夫です。こんなことを言うと叩かれそうですが。安心してください。自分を一番にすると周りの人も大事にできるんです。

 

自分を大切にする。自分にゆとりが生まれる。周りを客観的にみることができる。そうすると、必要なときに、ジャストなタイミングで相手を助けることができます。しかも自然に、なんのストレスもなく。これが逆になるからストレスが生まれるのです。

 

自分を大切にする具体的な方法

それでは、具体的に自分を大切にする方法をあなたにお伝えします。まず「自分の心の負担になっていることを書き出し、それをすべて捨てる」ことです。例えば、ストレスがかかる人との接点を積極的に減らす、苦手とする仕事は同僚に相談して手伝ってもらう、妻のグチにはつきあうけれど、その分じぶんのグチも言う。知恵をしぼって「なるべくストレスがかからない方法」を考えること、それが捨てるということです。ここが一つの頑張りどころです。

 

次に「自分が逃げこめる安全地帯、時間をつくる」です。どんなに忙しくても、どんなに追い詰められたときでも、そこに逃げこめばストレス解消できる、そんな場所、時間を確保しましょう。それだけは最優先です。たとえば海釣りに行く、とかサウナで汗を流して冷たいビールを飲むとか。それを1ヶ月、決めた日に行きます。そうすると、なにかストレスがあったとしても「あさってにはサウナに行ける」とか思えれば、心のガス抜きができます。この時間、場所はくれぐれも無くしたり、先延ばしにしないこと。よほどのことがない限り、実行しましょう。これは、あなたがあなたらしくあるための生命線です。本質を見失わないでください。

 

一番大切なはずのあなたが、自分で雑にあつかっている。そうすると、そのしわよせが周りの人にもきてしまいます。そうすると、結果的に、皆が不幸になってしまいます。まずは自分自身を大切にして、楽しい日々を送っていきましょう。

ストレス社会に負けられない!

ストレス社会と呼ばれるようになったのはいつ頃なのでしょうか。。。自分自身、ストレスからか恥ずかしながらEDと診断されてしまいました。うーん、このままでは終われない!必ずEDを克服するぞ。